人間の9割が死に、バケモノが闊歩する世界。百夜孤児院の子供たちは地下に広がる吸血鬼の都市で、家畜同様の扱いを受けていた。そんな中、百夜優一郎と百夜ミカエラは状況を打開すべく、外界への脱出を決行する。しかし脱出は失敗。孤児院の家族たちは吸血鬼に殺されてしまう。ただ一人脱出に成功した優一郎は、家族の無念を晴らすため、吸血鬼へ復讐を誓うのだった…。そして4年後、16歳になった優一郎の運命が動き出す!!

●定価/本体482円(税込)

謹慎先の第二渋谷高校での功績を認められ、晴れて≪月鬼ノ組≫の研修生となった優一郎と早乙女与一。転入早々問題児として頭角を現す優一郎は、もう一人の問題児・君月士方と出会う。何度もぶつかる二人だが、妹を救うため奮闘する士方に、優一郎は心打たれるのであった。吸血鬼を殺し得る唯一の武器、≪鬼呪装備≫の適性試験まであと1週間。果たして彼らは最上位≪黒鬼≫シリーズを手にすることができるのか…!?

●定価/本体482円(税込)

≪鬼呪装備≫を手に入れ、早速前線での任務を言い渡された優一郎たち。≪月鬼ノ組≫のエリート・三宮三葉を仲間に入れ、シノア隊は原宿へ向かう。原宿に到着したのも束の間、隊列を乱し独断行動を続ける優一郎に、敵の奇襲が… 何とか窮地をくぐり抜けるも、チームワークを守らない優一郎の問題行動の数々に、三葉は怒りを覚えるのだった。原宿を解放したシノア隊は次なる任務、吸血鬼との新宿攻防戦に向かう!!

●定価/本体482円(税込)

グレン隊は新宿でミカエラ、フェリドと戦闘を続けるが、二人の強力な吸血鬼を前に追い詰めらていた…。ミカエラが容赦なくグレンの胸に刃を突き立てた時、僅かに遅れてシノア隊が到着。優一郎とミカエラは敵として4年ぶりの再会を果たすのであった。吸血鬼に拘束されてしまったシノアたちを背に、「全部捨てて僕と逃げよう」と言うミカエラ。究極の選択を迫られた時、優一郎の禁断の力が目を覚まし…。

●定価/本体482円(税込)

吸血鬼との新宿攻防戦でミカエラが生きていたことを知った優一郎は、吸血鬼への復讐とは別の、ミカエラを救うという新たな目標を見出した。そんな矢先に、日本帝鬼軍を統べる柊家から直々に召集がかかる。向かった先で待ち受けていたのは、柊家の次期頭首候補、柊暮人であった。泣く子も黙る柊家の上位に位置する実力者で、グレンのライバルでもある彼は、新宿の一件で優一郎に吸血鬼のスパイ疑惑をかけ…。優一郎の運命は…!?

●定価/本体482円(税込)

仲間を守るため、そしてミカエラを救うため、≪鬼呪装備≫の力を引き出す修業に乗り出したシノア隊。まだ≪鬼≫の具現化・憑依を修得していない優一郎と士方が、自分の中の闇と対峙する。そこで二人の秘められた過去が明らかに… 悲しき記憶と向き合い、内に潜む≪鬼≫との戦いに勝利した時、優一郎と士方に新たな力が芽生える 一方、吸血鬼の都市では6位以上の吸血鬼しか参加できない、上位始祖会が開催され…。

●定価/本体482円(税込)

人間と吸血鬼の一大戦争を控え、グレン率いる≪月鬼ノ組≫に、名古屋の吸血鬼を襲撃せよとの指令が下る。≪月鬼ノ組≫百名を投入するその作戦は、今後の戦況に影響する重大な任務。過去最大の危険と難易度が予想される中、シノア隊も名古屋を目指すことに。だがそんな矢先、一行はふとしたことから軍規違反を起こしてしまう…。グレンはシノアの隊長としての未熟さを自覚させるため、自分の隊との戦闘演習を決意するのだった!!

●定価/本体482円(税込)

ついに始まった貴族との戦い第十五位始祖、ルカル・ウェスカーの実力は想像を絶するものであった。圧倒的な力を前に、優一郎たちはチームワークで立ち向かうさらに、別動隊として動いていたグレン隊も、貴族との激しい戦いを繰り広げていた。辛うじて勝利できたグレンたちの前に、致命傷を負った仲間が現れて…。次なる標的は、第十三位始祖、クローリー・ユースフォード。強大な敵を前に、グレンたちの決死の作戦が始まる!!

●定価/本体482円(税込)

ケンカが絶えないシノア隊に、深夜から仲良くなるための指令書が届く!?その内容とは…。所変わって4年前…地下都市での優とミカ、そして吸血鬼のフェリドとクローリーの秘話が明らかに!連載では「語られなかったモノガタリ」、ここに解禁——。

捕えられた仲間を救うため、クローリーの拠点である名古屋市役所に向かうことになったグレンたち。陽動役のグレンと深夜はクローリーと刃を交えるが、次元の違うその力に圧倒される。仲間の危機に直面したシノア隊は、2人の救出を強行。優一郎たちによる、決死の救出劇が幕を開ける――!! 一方新宿では、暮人率いる部隊が謎の実験体の移設準備を進めていた。第六天使・第七天使と呼ばれた、その実験体の正体とは…!?

●定価/本体482円(税込)

クローリーの前に撤退を余儀なくされた≪月鬼ノ組≫。グレンを一人残し、日本帝鬼軍のヘリが待つ名古屋空港へ急ぐ。しかし、行く手には優を求めて向かってくるミカエラの姿が…ミカエラと優の再会の時が、ついにやってくる!!怒涛の展開、次々と明かされる真実。2人の少年の物語は、さらに加速度を増していく!!

●定価/本体482円(税込)

見事再会を果たした優とミカ。喜びも束の間、吸血鬼と人間の戦いはより激しさを増していく。戦地に置いてきたシノア達を救う為、再び戦いの中に身を投じる2人。しかし、そこで見た光景はあまりにも悲惨なものだった…。戦いの中心にいるのは、≪日本帝鬼軍≫次期当主候補・柊暮人。彼は、≪月鬼ノ組≫を裏切ったグレンとともに≪終わりのセラフ≫の実験を成功させ…!?人間対吸血鬼の雌雄を決する、激動の第一部クライマックス!!

●定価/本体482円(税込)

アニメオリジナルの吸血鬼シャハルが登場新宿攻防戦後のシノア隊、名古屋へ向かう前の知られざる物語が明かされる!!

名古屋決戦から3か月。軍から離脱したシノア隊と鳴海は、ミカとともに吸血鬼の女王であるクルル・ツェペシの救出を目指すこととなった。しかし、彼らの前に因縁の相手・クローリーとフェリドが現れる。三葉を襲うクローリーの一閃――。果たして優とミカは仲間を救い、貴族の襲撃を凌ぐことができるのか!?グレンの過去、そして≪終わりのセラフ≫の秘密…。隠されていた真実が次々と明かされる『終わりのセラフ』編、ついに始動!!

●定価/本体482円(税込)

フェリドの口から語られた衝撃の真実…。彼の情報を鵜呑みにしてはいけないと知っている優たちは、一度フェリドからの離脱を計画する。しかし、2人の貴族を相手に逃げ出すことなど困難。おとなしく連行され、着いた場所は大阪湾だった。そこには海外を支配する第二位始祖、ウルド・ギールスと第三位始祖のレスト・カーが待ち受けていた―――。 さらに裏では、世界崩壊時に暗躍していた斉藤という男が拘束されたクルルの前に現れ…。

●定価/本体482円(税込)

≪終わりのセラフ≫に関わった疑いで、上位始祖たちに捕らえられたクルルとフェリド。その様子を見ていた優やミカは、彼らを救うことを決意する。しかし拷問官は第五位始祖。相手に勝つにはまず優に秘められた≪終わりのセラフ≫を手なずける必要があった。一行はクローリーの案内で、≪終わりのセラフ≫の制御のためフェリドの館へ向かう。優たちがそこで見たものとは…!?クローリーの過去も明らかになる第14巻!!

●定価/本体482円(税込)

フェリドの館に集まる、優一郎達とグレンのチーム。館の地下に広がるのは、かつての仲間や家族達の死体と謎の呪術式が記された大量の書物。そこでグレンが語るのは世界滅亡の真相と、彼が犯した大罪。そして、グレン が遂に真の目的を口にする… 一方その頃、柊すら操る本当の敵をあぶり出すため、柊家現当主の天利と対峙する暮人。人すら超越した天利に勝てるのか!?柊家の謎、世界滅亡の謎…。その先に現れる新たな敵全てが明かされる衝撃の第15巻!!

●定価/本体482円(税込)

クルルとフェリドの奪還をかけ、第五位始祖キ・ルクとの闘いに挑む優一郎たち。綿密な陽動作戦を立案し、各々が計画を遂行するもキ・ルクの知略と圧倒的な力の前に勝利への活路を見いだせないでいた。互いの猛攻が続く中、仲間を庇い心臓を貫かれる優一郎…果たして死闘の行方は!? そしてグレンの実家、元人体実験場で優一郎と邂逅したのは、強大な結界で封じられている≪第六のラッパ吹き≫だった。敵か、味方か…新たな天使の登場で、物語はさらなる波乱の展開へ!!

●定価/本体482円(税込)

優一郎たちは、グレンの実家地下深くで囚われている新たな天使≪第六のラッパ吹き≫と遭遇。人間を滅ぼそうと襲い来る天使に対し、優一郎はその天使すらも救おうと決意。仲間と協力し、天使の暴走を抑えようと奮起する優一郎だったが、圧倒的な力を前に身体を酷使する天使の力を開放する!!そんな中、他人のために必死になる優一郎に、心を奪われ始めるシノア。それに反応し、四鎌童子はシノアの閉じた心の扉をこじ開けようと囁きかけるのだった…!!

●定価/本体528円(税込)

日本帝鬼軍の本拠地である渋谷に戻ってきた優一郎たち。彼らは招かれざる客ながら、柊家当主・暮人に迎え入れられる。しかしミカエラは禍々しい気配を感じとる。それは、暮人に取り憑く四鎌童子のものだった…暮人だけではなく、シノアの体をも蝕んでいく四鎌童子の圧倒的な力。全ての元凶たる吸血鬼の真祖が目を覚ます時、世界は再び破滅へと向かう…!?その目覚めに呼応するかの様に、動き出す〈百夜教〉。数多の陰謀が交錯する先に、一体何が待ち受けているのか――!?

●定価/本体528円(税込)

心に四鎌童子の侵入を許してしまったシノア…真祖に取り憑かれ、急速に吸血鬼化が進むシノアを救う術はあるのか!? 最強の吸血鬼・真祖の存在に揺らぐ日本帝鬼軍は、真祖と何か繋がりがあるとされる優一郎とシノアを拘束するも、混乱極まる状況に翻弄されてしまう。 さらに第二始祖リーグ・スタフォード(またの名を斎藤)は、《百夜教》を動かし帝鬼軍へ宣戦布告!!真祖も《百夜教》の目的も分からぬまま、戦況は大きく動き始める。 そして阿朱羅丸の記憶の扉が開く時、数多の因縁と野望の核を描き出す!!

●定価/本体528円(税込)

柊暮人が率いる日本帝鬼軍と第二位始祖・斉藤が率いる《百夜教》の争いは激化人間と吸血鬼とが入り乱れ、渋谷は熾烈な戦場となっていく。壮絶な戦闘を繰り広げる中、シノアに取り憑いた真祖が斉藤の前に出現。斉藤は真祖を仕留めるべく百夜教の人間達の力を取り込み、真祖との戦闘を始める。双方は神の如き戦いを展開していき…。同じ頃、真昼がグレンに「裏切り」を誘い、謎の行動を開始。二人が「裏切り」と呼ぶ行為とは果たして――!?

●定価/本体528円(税込)

《百夜教》に囚われた優一郎の前にグレンが現れるが、拘束を解こうとせず、様子がおかしい…。ミカエラの前に現れ、突然戦闘を仕掛ける真昼。優一郎とミカエラを見つめ、暗黒時代の記憶を重ねて笑みを浮かべるノ夜…。グレンたちと対峙し緊張を走らせるミカエラだったが、救出した優一郎は、グレンを味方だと信じ続けている。だが、ミカエラの説得、そして真昼がこじ開けた記憶により共に逃走を決意圧倒的なグレンの力を前に2人は逃げ切れるのか――!?

●定価/本体528円(税込)

シノアらが優一郎の救出に走る中、グレンとの戦いによりミカエラの命が消えようとしていた…。 手を尽くしても間に合わないと知った優一郎は、悲しみのあまり阿朱羅丸に「死にたい」と告げるが、阿朱羅丸はミカエラの最後の言葉を思い出すよう語りかける。一方、《百夜教》と日本帝鬼軍の戦いの中、フェリドはクローリーとともに、瀕死の第二位始祖・斉藤を発見。罪鍵を使って斉藤に止めを刺そうとするフェリドだったが、そこに第二位始祖・ウルドも現れ…!?

●定価/本体528円(税込)

ミカエラの惨劇から逃れ、吸血鬼の女王・クルルと行動を共にすることになったシノア隊一行。それぞれひと時の休息を得る中、君月は優一郎との力の差を痛感していた。さらなる力を求め、彼の≪呪鬼装備≫に宿る≪鬼≫、鬼箱王に願うも「欲望が足りない」と言われ…。そしてクルルが優一郎たちに八年前の出来事と真昼の“計画”について語り出す。姉の名を聞いたシノアは、姉と過ごした「日常」を回顧していた…。クルルが明かす真昼の計画、そして本当の敵とは――!?

●定価/本体528円(税込)

『終わりのセラフ』公式スピンオフがコミックス化シリアス展開一切なしのゆる~い4コマギャグ漫画が誕生だパロディてんこ盛りのエピソードに加え、ジャンプSQ.で大人気連載中の「学園編」も収録しているぞ!!

●定価/本体366円(税込)

これは、世界が“破滅”する直前の“抗い”の物語。15歳の一瀬グレンは、呪術師養成学校・第一渋谷高校に入学する。そこで待っていたのは、圧倒的規模の呪術組織『帝ノ鬼』を率いる柊家からの抑圧、そして、幼き日に想いを寄せ合った少女・柊真昼との再会であった――第1話は鏡貴也先生書き下ろしシナリオによる“一瀬グレン、14歳の戦いと呪い”の物語を、大ボリューム85ページ収録

●定価/本体528円(税込)

全校生徒参加による勝ち抜き戦[選抜術式試験]二回戦で、柊家の血を引く征志郎とあたることになったグレン。しかし、まもなく試合開始というところで、突如として空から柊家と敵対する呪術組織・《百夜教》が襲い掛かってくる。それは正に戦争であり、まだ未熟である生徒たちは為す術なく殺されていく。さらに斉藤は「学校の生徒の中に裏切り者がいる」と告げる。その者とは――!? 急展開を迎える学園呪術ファンタジー!!

●定価/本体528円(税込)

敵対する呪術組織・《百夜教》の襲撃、そして、真昼の失踪から1か月。グレンは、生徒会長にして柊家の次期当主候補・柊暮人から、《百夜教》の実験場である上野で起きた事故の調査を命ぜられる。[深夜・五士・美十・小百合・時雨]と初めてチームを組み、向かった先で待ち受けていたのはこの世の常識を外れた“異形の怪物”だった―― 滅びゆく世界を駆ける“恋”と“戦い”の物語。

●定価/本体495円(税込)

異形の怪物“ヨハネの四騎士”のキメラを倒すため、真昼の誘いに乗り《鬼呪装備》を手にしたグレンは、《鬼》に身体を蝕まれるのと引き換えに得た強大な力で仲間たちを救い、そして真昼はふたたび姿を消した。それから3か月、グレンは身体に異変を感じながらも、真昼の行方の手がかりを求め、危険を承知で敵対組織《百夜教》との密会場所へと赴くが‥‥!? “破滅”に立ち向かう力を求めし者達の物語。

●定価/本体495円(税込)

第一渋谷高校の生徒会長である柊暮人を手玉に取り、さらに『帝ノ鬼』と《百夜教》をたった独りで相手にし始めた真昼。その直後にグレンにかかってきた1本の電話はそんな真昼からの「自分を殺して欲しい」という壮絶なる懇願であった。彼女が待つ場所へとたどり着いたグレンが目にしたものとは――!? そして“破滅”の正体がついに明らかに “恋”が“運命”が加速するダークファンタジー

●定価/本体495円(税込)

《百夜教》の襲撃によって死を覚悟した仲間たちのために、禁忌である《鬼呪》の力を使い続けたグレンは、刀に宿る鬼についに体と心を支配されてしまう……。そんな彼を救うために、五士・美十・深夜は立ち上がる。だが、グレンの口から漏れたのは信頼する仲間たちへの哀しき願いだった――… 身を滅ぼしながらも抗う“破滅”の物語

●定価/本体495円(税込)

深夜・美十・五士の助けにより、鬼呪に宿る鬼・ノ夜にようやく打ち克つことができたグレン。しかし、戻ってきたグレンが暮人から迫られたのは「ひと月以内に真昼を殺なければ、父親を殺す」という非情な選択だった。そしてグレンは暮人から、真昼を殺す機会を伺うためシノアの監視を命じられ…。一方、真昼は幽閉された優一郎、孤児院にいるミカエラに接触。それぞれの物語が交錯する――。ジャンプSQ.に掲載された特別編も収録

●定価/本体495円(税込)

真昼殺害のタイムリミットが迫る中、真昼が吸血鬼たちに連れ去られた。グレンは去り際の真昼のメッセージから、彼らが京都の吸血鬼だと察する。板挟みに焦燥する中、自宅に訪れた暮人が突然、グレンに襲われたと連絡し、父・一瀬栄の処刑を命令暮人の策略により反逆者に仕立て上げられ、『帝ノ鬼』に追われることとなったグレンたちは、真昼を追うため京都へと向かう。命がけの48時間が始まる――

●定価/本体495円(税込)

真昼の鬼呪装備《アシュラマル》を獲得し“吸血鬼”を捕獲するという成果を初めてあげたグレン。 だが『帝ノ鬼』の上層部会は、蔑みの対象である一瀬家の増長を危惧し、見せしめとしてグレンの父・一瀬栄の処刑を決定してしまう。暮人のはからいで最期に言葉を交わせることとなったグレンは、栄の前で自身の無力さに涙する。栄はそんなグレンに『帝ノ月』を託し処刑の場へと向かった。そして父と今生での別れを済ませたグレンは、屈辱の中、一瀬家の当主となるのだった――

●定価/本体495円(税込)

父・一瀬栄の処刑から時は経ち、世界が《破滅》するというクリスマスまで残り十五日。急ピッチで進める《鬼呪》装備の研究の代償に、学園の生徒は繰り返し《鬼呪》の暴走を起こしていた。一方、その研究によりさらなる力を得たグレンは、深夜を始めとする仲間たちと協力し、ついに真昼を追い詰める…武器を放棄し、投降の姿勢を見せる彼女に近付くグレンだが彼はまだ知らなかった。真昼がすでに、人とは違うモノ――吸血鬼になってしまったということを……。

●定価/本体495円(税込)

柊の分家である一瀬の次期当主・グレンは、従者とともに柊が統括する呪術学校・第一渋谷高校に入学する。そこは日本第二位の呪術組織≪帝ノ鬼≫の幹部を育てる、超エリート高校。グレンは「分家のクズ」として迫害を受けながらも、柊家に目を付けられないよう実力を隠して登校するのであった。ところが柊の養子、柊深夜にすぐさま実力を見破られて…。吸血鬼や異形の怪物が地上を跋扈する前の、知られざる過去が明らかに!!

●定価/本体682円(税込)

柊真昼が≪帝ノ鬼≫を裏切って学校を襲撃した——。そんな大事件から1か月が経ち、落ち着きを取り戻した第一渋谷高校。グレンは成り行きで助けてしまった十条美十と五士典人に妙に懐かれ、困惑していた。そんな中、事件の原因究明にあたる柊家の次期当主・柊暮人にスパイ疑惑を向けられる。依然手の内を隠していたグレンだったが、柊家の実力者を相手に隠し続けることは至難の業。果たしてグレンはこの事態をどう切り抜ける!?

●定価/本体660円(税込)

上野公園で遭遇した、キメラと≪鬼呪装備≫の試作型を携えた真昼。両者との力の差を見せつけられたグレンは、≪百夜教≫や≪帝ノ鬼≫、そしてクリスマスに訪れる世界の滅亡に備え、≪鬼呪装備≫の研究を決意する。その一方で、≪百夜教≫からコンタクトを受けていた深夜。グレンは深夜とともに、≪百夜教≫の密会現場へ向かうことに。しかしそこには、≪百夜教≫のメンバーと、彼らを襲う吸血鬼の姿があった…!!

●定価/本体660円(税込)

真昼の目論み通り、遂に≪百夜教≫と≪帝ノ鬼≫の戦争が本格化。事態に巻き込まれた美十や五士、そして従者の時雨と小百合にも命の危険が…。グレンは彼らを守るため、禁じられた力、≪鬼呪装備≫・ノ夜を握り壊滅状態の第一渋谷高校へ向かう。≪鬼≫を受け入れた代償に、圧倒的な力を得たグレン。黒い衝動との葛藤を続けながら敵を薙ぎ払う彼の元に、再び真昼が現れて…。人間をやめたグレンの、闇の部分が解き放たれる!?

●定価/本体660円(税込)

≪帝ノ鬼≫を裏切り、抹殺対象として柊家に追われることになった真昼。百夜教の実験施設に身を隠す彼女の前に、一人の少年がいた。彼の名前は天音優一郎。鬼となった少女と、悪魔と呼ばれる≪終わりのセラフ≫の実験体。2人が邂逅するとき、物語は新たなる展開へ動き出す…。一方、グレンは期日までに真昼を殺せなければ、父親が殺されるという苦境に立たされていた。恋人か父親、どちらかが死ぬ状況の中、グレンの取った行動は……!?

●定価/本体682円(税込)

京都で吸血鬼との戦闘に勝利したグレン隊。これまで人間が敵うはずもない相手である吸血鬼を捕え、大きな功績を残したはずだった。しかし真昼の抹殺という任務は失敗に終わり、グレンの父・一瀬栄は処刑されることに。一瀬家当主として息子を支えてきた偉大な父の最期に、グレンは何を想うのか——。そして、真昼の計画はさらに加速。謎に包まれていた事実が、徐々に明かされようとしていた…!!

●定価/本体660円(税込)

世界が破滅する前の、最後の、夏。グレン隊の面々は、五士の発案で「夏らしいこと」をすることに。その内容とは——!鏡貴也書き下ろしシナリオで贈るドラマCD付き限定版が登場!

●定価/本体2530円(税込)

≪百夜教≫の実験施設を一斉に攻撃した≪帝ノ鬼≫。忌まわしき≪終わりのセラフ≫の実験は阻止したかに思われた。しかし、実験は終わっていなかった。世界の終末にはもう時間がない。グレンたちは決められた運命に抗うため、真昼の誘いに乗ることを決意する。それはすなわち≪帝ノ鬼≫への裏切り。襲い掛かる刺客を退け、一行は真昼の元へ向かう。そこでグレンが目の当たりにしたのは――!? 如何にしてに世界が終わったのか、その真相がついに明らかに…!!

●定価/本体715円(税込)

一瀬グレンは「人間の蘇生」という、決して許されぬ禁忌を犯した。失ってしまった家族や仲間を生き返らせるため発動した実験の名は「終わりのセラフ」。愛する者達の蘇生と引き換えに、世界の人口は十分の一以下になり、破滅を迎えた。吸血鬼の人間狩りが行われ化物が蔓延る世界で、それでも生き残った人間達は、希望を信じ世界の再生を目指す。許されざる罪を抱きながら、一瀬グレンもまた自らが滅ぼした世界で新たな一歩を踏み出す。罪人が歩む世界再生の旅とは…!?

●定価/本体660円(税込)

破滅した――破滅させた世界を復興させるため、『帝ノ鬼』の命令により電力施設の確保へと向かうグレン達は、吸血鬼と対峙する。 圧倒的な力になすすべもないグレンだが、戦いのさなかに斎藤――第二位始祖リーグ・スタフォードが現れる。 「おまえはいったい、真昼になにをした」 「だから、彼女が望むことをしたんです」 スタフォードが語るその言葉は、グレンの、真昼の、そして人類の運命に関わる事で――!? 翻弄されながらも、自らの意志で踏み出すグレン。『終わりのセラフ』の謎が徐々に明らかになる中、彼の決断とは――

●定価/本体660円(税込)

優やミカエラ、そして百夜孤児院の子供たちがまだ吸血鬼の家畜として生きていた時代。ミカエラは、自らの名の意味に疑問を抱き始めていた。フェリドが知るミカエラの真実とは一体何なのか…。話はやがて「人間」クローリーの過去にまで遡る…。吸血鬼たちの秘密、そしてセラフの世界の謎を解き明かす衝撃シリーズが小説に登場!!

●定価/本体715円(税込)

十三世紀ヨーロッパ。神に仕える騎士として十字軍に参加していた男・クローリーは、悲惨な戦闘がきっかけで神に対する信仰を失いつつあった。隠遁に近い日々を送っていたクローリーだが、連続殺人犯にかつての仲間が殺されたことをきっかけに捜査へと乗り出す。事件現場で出会ったフェリドと名乗る男とともに、事件解決に奔走するが……。

●定価/本体715円(税込)