終わりのセラフヨハネの四騎士鬼呪装備

呪術帝ノ鬼帝ノ月百夜教渋谷新宿吸血鬼化吸血鬼の武装

鬼神を武器に練り込み封じる呪法≪鬼呪≫を用いて生まれた武器。吸血鬼を殺しうる唯一の対抗手段である。この武器は、封じられた≪鬼≫と契約し、始めて使用することが可能。様々な形態のものがあり、所有者には人間の7倍以上の身体能力を授ける。しかし、強い精神力がなければ自らも≪鬼≫になるため、注意が必要だ。柊真昼が≪柊家≫と≪百夜教≫の呪術をハイブリットして開発に成功したが、本人は研究の最中≪鬼≫に呑み込まれ、壊れてしまった。

使用者に鬼が憑依し、身体能力を爆発的に上げるタイプ。鬼の悪意が強すぎるため暴走するリスクを伴うが、その分威力は絶大である。

鬼を実体化させ、特殊能力を使わせるタイプ。能力発動時は使用者の力が弱まるため、憑依化の仲間と連携を取ることで真価を発揮する。